南アフリカワイナリー訪問記

2/9ページ
  • 2019.02.15

エルギンのホテルでの朝食

プチホテルでの朝食 男二人の手作り朝食は昨日まで、残り3日は朝食が提供されます。 本日の最終目的地はシダバーグ、砂利の道を延々と走る強行日程です。 朝7時にホテルを出発しました。 運転を三宅氏と交代でしながら、途中でワイナリーに2ヶ所立ち寄り、 最終シダバーグのドリフックで宿泊します。

  • 2019.02.14

エルギンのプチホテルへ宿泊

ポール・クリーヴァーの近くのプチホテルに宿泊 ポール・クルーヴァーのリーズルさんの計らいでワイナリーの近くの プチホテルで宿泊しました。 リーズルさんからポール・クルーヴァーのレストランのディナーに誘われていましたが、 麦ちゃんは少し風邪気味なのと時差ボケがまだとれず体調が優れないので、 三宅氏一人だけが会食に行き、ホテルでのチェックインのあと食事もとらずに爆睡してしまいました。 明日の強行日程に […]

  • 2019.02.14

ドルニエ訪問

こちらも昨年訪問しましたが、再度の訪問です。 ドルニエの芸術的な外観は何度訪れてもシャッターをつい押してしまいたくなります。 「ワインはアート(芸術)だ。」 そう言い切るオーナーのクリストフ・ドルニエ氏は、ドイツ人画家です。 彼のワインは、2004年12月、南アフリカのプレミアムワイン盆地のステレンボシュ地区で誕生しました。 1995年に設立されて9年目に初リリースされたのです。 デビューして間も […]

  • 2019.02.14

キアモント訪問

キアモントのプレミアムクラスは見逃せません! 昨年に続いてキアモントを訪問しました。 ワインメーカーのアレックス氏に案内して頂きました。 キアモントは2007年が初ヴィンテージのステレンボシュにある小さな新興ブティック・ワイナリーです。 周りはステレンボシュ山脈とヘルダーバーグ山脈に囲まれています。 彼らは、この恵まれた自然環境をワインで表現することを目的にしています。 その為、科学より自然を優先 […]

  • 2019.02.14

ロングリッジ訪問

ロングリッジの素晴らしいソーヴィニョン・ブランに出会う 昨年に続いてロングリッジを訪問しました。 ロングリッジは、ステレンボシュの南側、ヘルダーバーグ山脈の斜面に位置しています。 この地域は、他のステレンボシュ地区より2~3度気温が低く、年間降水量800ml。 土壌は、花崗岩 質の下に鉄分の多い粘土質があり、これによって保湿性があるが、 必要な年には灌漑できるようにしているという理想的な環境です。 […]

  • 2019.02.14

ポール・クルーヴァー訪問

ポール・クルーヴァーでリーズルさんと再会 ステレンボッシュから約1時間、朝8時半頃エルギンのポール・クルーヴァーに到着 昨年に引き続き2度目の訪問です。 昨年は雨が降ってしまい、畑を見ることが出来ませんでしたが、 今回はリーズルさんの運転するSUVで畑を案内して頂きました。 リーズルさんは社長ポール・クルーヴァー氏のお姉さんでマーケティングマネージャーです。 昨年大きな山火事がおき、ブドウ畑は大丈 […]

  • 2019.02.14

カノンコップのゲストハウスでの朝食

男二人の手作り朝食4日目 カノン・コップのゲストハウスでの最後の朝食です。 大急ぎで作った簡単ブレックファースト。 本日はエルギンに移動してポール・クルーヴァーにお世話になります。 オーナーのヨハン・クリッチ氏に感謝の挨拶をして、 カノンコップを後にしました。 4泊もさせて頂きありがとうございました。

  • 2019.02.13

ステレンボッシュのフレンチレストランでのディナー

ヴィニマーク社のエルザンヌさんご夫妻との会食 ヴィニマーク社はブーケンハーツクルーフ、クローヌ、グレネリー、ハーテンバーグなどの 販売に関する代理を行っている会社です。 それによりワイナリーは受注などの煩わしい業務が無くなり、 ワインの生産に集中出来ることになります。 三宅氏と長年交流が深い、エルザンヌさんがご夫婦で私たちを招待してくれました。 ステレンボッシュの街中のフレンチレストランです。 最 […]

  • 2019.02.13

ポルセレインバーグ訪問

カリー・ロウ氏はバイクに乗って颯爽と現れました デイビットに途中まで先導してもらい、国道から砂利道にはいるところでお別れして、 ポルセレインバーグに向かいました。 一つ目の標識を通り過ぎて、二つ目の標識を右に曲がるよう案内されましたが、 砂利道をいくら走っても二つ目の標識はありません。 灼熱の太陽の下、延々と続く太陽の下、たまりかねて電話で確しました。 どうやらずいぶん通り過ぎたようで、引き返しま […]

  • 2019.02.13

デイビットとのランチ

リーベックを後にし、近くの人気レストランでデービットとランチの約束が1時30分 3人それぞれ違うメニューですが、 人気のレストランだけあってかなり満足♪ 「アンドレに留守番を頼んでいるからね。 彼のワインをテイスティングして欲しい。」 仲間に対するデイビットの優しい心遣いが伝わります。 シティー オンナ ヒル ホワイト 2017 アンドレ・バレンス シュナンブラン 85% 他マスカット・アレキサン […]

1 2 9