{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ワインブティックヴァンヴァン店主 ソムリエ麦ちゃんこと麦島泰彦(日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ&ワインアドバイザー)

カステロ・アルフタード テンプラニーリョ ボデガス・カステロ・デ・メディナ

ワインブティックヴァンヴァン本店【会員特別価格商品】

スペインのフレッシュで濃縮感ある果実味が素直に広がる赤ワイン
ボジョレー・ヌーヴォーの製法に似た
セミ・マセラシオン・カルボニック製法により造られます。
8~10℃に冷やしていただくのがオススメ

まるでノヴェッロを思わせる濃縮感ある
フレッシュな果実味が素直にストレートに広がる印象!

ミディアムボディーで柔らかい
少し冷やして飲んで美味しい1本です。

麦ちゃん評価

3.9点

ボデガス・カステロ・デ・メディナ Bodegas Castelo de Medina

100%自家葡萄へのこだわり。収穫量を制限し、品質を上げる!

カスティーリャ・イ・レオン州の州都バリャドリードで1996年に設立されました。オーナーの一人で物理学者だったエンリケ・ベセリール・ブスタマンテ氏が数人のパートナーと共に 1994年に160haの畑を購入、1996年にセラーが完成し、ワイン生産を開始しました。ルエダの伝統的なワイン造りの手法と最新の設備と技術を融合させ、モダンな スタイルのワインを生み出しています。
畑は標高750~800mの高台に広がっており、平均樹は20~25年。このエリアは、大陸性気候の影響を受け、長く寒い冬がある一方、春は短く、夏は暑く乾燥して います。畑の土にはカルシウムやマンガンが豊富で、石が多く見られます。通気性がよく、たいへん水はけのよい土壌で葡萄栽培には理想的です。現在、畑は栽培責任者1 名と5名のスタッフで管理をしています。
醸造は、二人の女性ワインメーカー、カルメン・ブランコ・マルティンさんとサラ・ロマン・ド・カレさんが務めています。カルメンさんは、サラマンカ大学の農業技術科を卒業後、リオ ハ大学とアリカンテ大学で醸造学を学び、その後、スペイン国内の数々のボデガやまたニュージーランドのモートン エステートで醸造と栽培の経験を積みました。サラさんは、 サラマンカ大学で化学を、バリャドリード大学で醸造学を学んだ後、トロのボデガやカスティーリャ イ レオンの研究機関で働いた後、カステロ デ メディナで活躍しています。
カステロ デ メディナのワインは、「ワインアドヴォケイト」や「ペニンガイド」で、そのコストパフォーマンスの良さを高く評価されています。

ワイン画像アップ

まるでノヴェッロを思わせる濃縮感あるフレッシュな
果実味が素直にストレートに広がる印象のミディアムボディーで
柔らかい少し冷やして飲んで美味しい1本
スペインワイン|カステロ・アルフタード
テンプラニーリョ 2020
赤ワイン ミディアムボディー

クール便は別料金(地域と本数によって異なります)
当店通常販売価格 ¥ 1,319 消費税込 ¥ 1,450
会員特別価格 ¥ 1,296 消費税込 ¥ 1,425
[ 13 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
在庫数 1
ワイン情報
■タイプ
■ボディー 中庸
■産地 スペイン ルエダ (Spain)
■ぶどう品種 テンプラニーリョ
■生産者 ボデガス・カステロ・デ・メディナ
■熟成・醸造 収穫した葡萄は除梗せず房のまま密閉式のステンレスタンクに入れ、セミ マセラシオン カルボニックを3日間行い、フルーティでフレッシュなアロマを抽出
■アルコール度数 14.5%
麦ちゃん ワインブティックヴァンヴァ

ン
テイスティングコメント
2020年ヴィンテージコメント (2021年3月13日試飲)

ブルーベリー、アメリカンチェリーのジャムなどを思わせる果実香、スミレの花、バナナ香、シロップ、キャンディー香などが香ります。口の中に濃縮感あるフレッシュでジャミーな果実味が素直にストレートに広がります。程よい酸とミネラルを感じ、メリハリがあり、しっかりした骨格を備えています。タンニンは程よいものがありますが、シルキーで柔らかく荒々しいところはありません。余韻はやや長くフレッシュな果実味が後味にも心地よく残る印象です。まるでノヴェッロを思わせる濃縮感あるフレッシュな果実味が素直にストレートに広がる印象のミディアムボディーで柔らかい少し冷やして飲んで美味しい1本です。

麦ちゃん評価 3.9点

※麦ちゃん評価とは?