{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ワインブティックヴァンヴァン店主 ソムリエ麦ちゃんこと麦島泰彦(日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ&ワインアドバイザー)





ザ・ウルフトラップ レッド ブーケンハーツクルーフ

ワインブティックヴァンヴァン本店【会員特別価格商品】

今や南アフリカ・NO.1ワイナリーと評される
天才マーク・ケントのリーズナブルなシリーズ!

程よい濃縮感ある果実味が心地よい樽熟成の風味と
スパイスの風味を伴って豊かに広がります。

しっかりした骨格を備え、タンニンは柔らかく
バランス良くまとまったヴィンテージです。

ブーケンハーツクルーフは、2008年にロバート・パーカーのワイン・バイヤーズ・ガイド(米国)、ワイン・レポート(欧州)両方で南アフリカNO.1ワイナリーに選ばれました !

麦ちゃん評価

3.85点

ブーケンハーツクルーフ Boekenhoutskloof

ブーケンハーツクルーフ社は、南アフリカを代表する「ワールドクラス」ワイン生産者。1776年設立。フランシュック地区で最も古く、かつ最も評価の高いワイナリー。ワイナリーの名 前の由来は、「ブーケンハーツ」(現地の言葉、アフリカーンス語で「土着のブナの木」を意味する)から来ています。同ワイナリーのトップ・レンジのラベルには、この木で作られた ケープ・オランダ様式の7つの椅子の絵が描かれています(当時はブナの木で様々な家具が作られた)。ブーケンハーツクルーフ社は2008年に、ロバートパーカーのワイン・バイヤーズ・ ガイド(米国)、ワインレポート(欧州)の両方で南アフリカNo1ワイナリーに選ばれています。ワイナリーは、フランシュック地区の山々に囲まれた谷にあり、25haのブドウ畑を所有(シラーが中心)。畑の斜面はほとんどが東を向いており、日照時間が限られている為、ブドウの生育が非常に遅く、長い期間を経て成熟される理想的な環境。現在はオーガニック栽培に 移行中です。才能豊かなワイン醸造家・マーク・ケント氏が造るワインは、力強さと果実味豊かなニューワールド的なニュアンスと、エレガントな旧世界的な両方のニュアンスを持ち合 わせています。ブドウは自社畑より購入ブドウの方が多いです。ケント氏は、「エリアより最良のブドウの獲得を優先している。ただし、剪定方法、灌漑水量、収穫のタイミングまで全てにおいて畑に注文をつける。」(ヴィノテーク2004年3月号より)と述べています。

南アフリカワイン界に彗星のごとく表れ短期間で業界トップに登り詰めた天才的カリスマ今や世界的にも超入手困難なマーク・ケントのワインは南アフリカワインの最高峰の1本です 。

「品評会に出品されない ノー・ショー・ワイン」 ブーケンハーツクルーフ社は、「ワインショー(品評会)」に一切出品しない 「ノーショー・ワイン」として知られています。そ のような品評会に出品する必要性を感じなかったり、生産量の全てが世界中に割り当て販売されているためその必要性を感じないのでしょう。まさにワイナリーの自信の表れでもあります。

『ザ チョコレート ブロック』

もともと南アフリカでバレンタインデーのプレゼント用に開発されたワインなのです。名前からも想像できるようにチョコレートの風味をたっぷり感じる濃縮した赤ワインです。ワインラベルに空白があるのは送る人へのメッセージが書き込めるようになっています。

ワインブティックヴァンヴァン

2017年 10月3日、4日 ブーケンハーツクルーフ マーク・ケントご夫妻が来店され
3日の夕食と4日は早朝より駒ケ岳登山をご一緒しました。

ワインブティックヴァンヴァン

2018年 2月 南アフリカ訪問 ブーケンハーツクルーフ マーク・ケント氏と再会(左)
彼の愛犬含めて、ブーケンハーツクルーフのスケールの大きいことにビックリしました。(右)

ブーケンハーツクルーフ 訪問記はこちら 2018.2.23

ザ・ウルフトラップ レッド ブーケンハーツクルーフ 2018

程よい濃縮感ある果実味が心地よい樽熟成の風味と
スパイスの風味を伴って豊かに広がり、しっかりした骨格を備え
タンニンは柔らかくバランス良くまとまったヴィンテージ
【会員特別価格商品】
ザ・ウルフトラップ レッド ブーケンハーツクルーフ 2018
南アフリカワイン 赤ワイン フルボディー

クール便は別料金(地域と本数によって異なります)
当店通常販売価格 ¥ 1,205 消費税込 ¥ 1,325
会員特別価格 ¥ 1,178 消費税込 ¥ 1,295
[ 12 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
在庫数 15
ワイン情報
■タイプ 赤 (Red Wine)
■ボディー 中庸
■産地 南アフリカ フランシュック・ヴァレー (South Africa)
■ぶどう品種 シラー86% ムールヴェードル13% ヴィオニエ1% (Blend)
■生産者 ブーケンハーツクルーフ
■熟成・醸造 フレンチオーク樽で8ヶ月それぞれ品種毎に熟成し、ブレンド
■アルコール度数 14.5%
麦ちゃん ワインブティックヴァンヴァン
テイスティングコメント
2018年ヴィンテージコメント (2019年4月28日試飲)

ブルーベリー、プラムのジャムなどを思わせる果実香、カラメル香、チョコレート香、ナッティーな風味、燻し香、木質香、シナモン・胡椒などのスパイス香などが香ります。程よい濃縮感ある果実味が心地よい樽熟成から由来する風味とスパイスの風味を伴って豊かに広がります。アルコールをやや強めに感じ、膨らみがあり、適度な酸とミネラルを感じ、メリハリある味わいでバランスよくまとまっています。タンニンは程よいものがありますが、あくまでもシルキーで柔らかい印象です。程よい濃縮感ある果実味が心地よい樽熟成の風味とスパイスの風味を伴って豊かに広がり、しっかりした骨格を備え、タンニンは柔らかくバランス良くまとまったヴィンテージです。

麦ちゃん評価 3.85点
2017年ヴィンテージコメント (2019年2月2日試飲)

プラム、ブルーベリーなどを思わせる果実香、カラメル香、黒糖、ナッティーな風味、燻し香、木質香、ナツメグ・胡椒などのスパイス香、鉱物を感じるミネラルなどが香ります。口の中に濃縮した果実味がスパイスの風味と心地よい樽熟成から由来する風味を伴って豊かに広がります。アルコールをやや強めに感じ膨らみがある味わいで、比較的豊かな酸と程よいミネラルを感じ、メリハリある味わいです。タンニンは強めですが荒々しいところはなくシルキーでバランス良くまとまった印象です。余韻はやや長く、果実の旨味と共に様々な複雑味が後味に心地よく残ります。スパイシーな風味と心地よい樽熟成から由来する風味を伴った程よい濃縮感のある果実味がバランス良く融合した印象の力強くあくまでもシルキーな素晴らしいヴィンテージです。

麦ちゃん評価 3.85+~3.9点
2016年ヴィンテージコメント (2017年10月1日試飲)

カシス、ブルーベリーなどを思わせる果実香、カラメル香、黒糖、カカオの風味、ナッティーな風味、木質香、シナモン・ナツメグなどのスパイス香などが香ります。口の中に適度に濃縮感のある旨味豊かな果実味が広がります。膨らみある味わいで、程よい酸とミネラルに富み、旨味ゆたかですが、ぼやけた印象はなく骨格のしっかりした味わいです。タンニンは強めですが柔らかくシルキーで荒々しいところはありません。余韻はやや長く、果実の旨味と共に苦味の要素が心地よく現れます。ミディアムからフルボディーでスパイシー、程よい濃縮感のある果実味がバランス良く広がるヴィンテージです。

麦ちゃん評価 3.85点
2015年ヴィンテージコメント (2016年7月10日試飲)

ブルーベリーのジャム、プラムのジャムなどを思わせる果実香、ミルキーな風味、カラメル香、シナモン・胡椒などのスパイス香などが香ります。口の中に凝縮感あるフレッシュでジャミーな果実味が広がります。アルコールを強めに感じ、ボリュームがあり、酸は比較的穏やかに感じますが、ぼやけたところはなく、メリハリある味わいです。タンニンは強く、収縮感ありますが、荒々しいイメージではありません。余韻は長く、果実の旨味が長く残ると共に、タンニンから由来する苦味を強く意識します。フレッシュですが凝縮感があり、スパイシーでボリュームがあり、力強く、飲み応えありますが、苦味の要素が強く残り、未だアンバランスな印象を受けます。半年から1年程の熟成で落ち着きをみせ、さらに良くなると予測します。

麦ちゃん評価 3.85点
2014年ヴィンテージコメント (2015年5月15日試飲)

ブルーベリー、プラムのジャムなどを思わせる果実香、ミルキーな風味、燻し香、カラメル香、シナモン・胡椒などスパイス香など豊かに香ります。口の中に程よい濃縮感のあるフレッシュな印象の旨味が広がります。アルコールを強く感じ、ボリュームがあり、酸は比較的穏やかに感じますが、ぼやけた印象はありません。タンニンは強めですが、尖ったところはなく、あくまでもシルキーです。骨太でスパイシー、旨味豊かでボリュームある味わいです。余韻は長めで、果実の旨味と共に、スパイシーな風味、僅かにタンニンから由来する苦味の要素が現れます。凝縮した旨味豊かな果実が素直に広がるイメージの、骨太でスパイシー力強くボリューム感のあるヴィンテージです。

麦ちゃん評価 3.85点
2013年ヴィンテージコメント (2014年2月21日試飲)

ブルーベリー、プラムのジャムなどを思わせる果実香、黒糖、カラメル香、カカオの風味、ナッティーな風味、強めに感じるシナモンや胡椒などのスパイス香などを感じます。口の中に凝縮した濃い果実味が広がります。アルコールを強めに感じ、膨らみのある骨太のワインと言えます。適度な酸を備え、メリハリがあり、タンニンは強めでやや収縮するものを感じるものの荒々しいイメージはありません。余韻はやや長く、果実の旨味と共にカラメルの風味、黒糖、やや収縮するタンニンとスパイシーな風味などが現われます。凝縮したジャミーで濃い果実味とスパイシーな風味が特徴的な骨太で力強く膨らみのあるヴィンテージです。

麦ちゃん評価 3.8点
2012年ヴィンテージコメント (2013年5月21日試飲)

ブルーベリー、プラムのジャムなどを思わせる果実香、黒糖、シロップ、シナモン・胡椒などスパイス香、鉱物を感じるミネラル、僅かに植物の茎を思わせる青味の要素などを感じます。口の中に適度に濃縮した果実の旨味が広がります。比較的豊かな酸を感じ、骨格のしっかりしたメリハリある味わいです。適度なタンニンがありますが、尖ったところはなく、柔らかくシルキーです。果実の旨味と共にスパイシーな風味が顕著に広がる印象です。余韻は中庸で、後味に適度に濃縮した果実味と僅かに苦味の要素が残ります。ミディアムボディーでバランス良く、程よい濃縮感ある果実味と強く広がるスパイシーな風味が特徴的なヴィンテージです。

麦ちゃん評価 3.75~3.8点

※麦ちゃん評価とは?