{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ロルマラン ブリュット ロゼ ロルマラン(アントニー・ルパート) 

商品画像アップ

良い年だけに造られるヴィンテージ・キャップクラシック・ロゼ
(瓶内二次発酵スパークリングワイン)
甘酸っぱいチャーミングな果実味が豊かに膨らみます♪

強く持続力のあるきめ細やかな泡立ち
サーモンピンクの 淡い綺麗な外観

アンズをイメージする甘酸っぱい果実味、豊かで綺麗な酸
爽やかで膨らみが あり、旨味豊かな上質なロゼのスパークリングです。

麦ちゃん評価

4.15+~4.2点

ワイン情報
■タイプ スパークリングワイン 辛口 ロゼ (Sparkling Wine)
■産地 南アフリカ W.O.ウエスタンケープ (South Africa)
■ぶどう品種 ピノ・ノワール76%、シャルドネ24% (Pinot Noir)
■生産者 ロルマラン(アントニー・ルパート) 
■熟成・醸造 瓶内二次発酵 24カ月
■アルコール度数 12.5%
麦ちゃん ワインブティックヴァンヴァン
テイスティングコメント
2016年ヴィンテージコメントコメント (2023年6月22日試飲)

強めの泡立ちでグラスの底から立ち上る泡に持続力があります。サーモンピンクの 淡い色調の綺麗な外観、アンズ、ピーチなどを思わせる果実香、イースト香、石灰質を 感じるミネラルなどが香ります。泡の刺激は心地良く口当たスムーズ、アンズをイメージする 旨味豊かで甘酸っぱい果実味がストレートに広がります。比較的豊かな酸とミネラルに富み、 爽やかで、膨らみがあり、しっかりした骨格を備えています。余韻は長く、たっぷりの 果実の旨味が後味に長く残ります。強く持続力のあるきめ細やかな泡立ち、サーモンピンクの 淡い綺麗な外観、アンズをイメージする甘酸っぱい果実味、豊かで綺麗な酸、爽やかで膨らみが あり、旨味豊かな上質なロゼのスパークリングです。

麦ちゃん評価 4.15+~4.2点
お料理バナー

真鯛のムニエル、鶏肉のフリッタ―、麻婆豆腐、カジキマグロのフライ

※麦ちゃん評価とは?

ワインブティックヴァンヴァン本店【会員特別価格商品】

南アフリカワイン| ロルマラン ブリュット・ロゼ 2016 スパークリングワイン ロゼワイン 辛口

  • 南アフリカ
  • スパークリングワイン・ロゼ辛口
  • 麦ちゃん評価4.15+~4.2点
クール便は別料金(地域と本数によって異なります)
当店通常販売価格 ¥ 3,095 税込
会員特別価格 ¥ 3,050 税込
[ 28 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
配送方法を選択下さい(◆クール代金は注文確認時に弊店で加算致します。◆本数・地域によって異なります。◆送料無料商品もクール便を選択の場合はクール代金を加算致します。)※通常便お届けで液漏れが発生した場合、返品・交換はお受けできません。
在庫数 1
生産者情報

ロルマラン(アントニー・ルパート) L’ORMARINS

L’ORMARINS 始まりはほんの小さな夢から

ロルマラン(L’Ormarins)農場は、フランス・プロヴァンス出身のユグノー、ジャン・ロワ(Jean Roi)の故郷であるルールマラン(Lourmarins)にちなんで名付けられ、当初キャップ・クラシックの産地として設立されました。 現在、この産地にはパーデバーグ山脈からロルマランの北向きの真砂土の斜面に移植された、樹齢56年の古樹によって造られるアントニー・ルパートのサニャック「オー・ド・ヴィー」、ポートワイン「オウ・ボストック・シュナン」を含む、さまざまなアイテムによって構成される壮大なプロジェクトに発展しています。

理念

ロルマランは、旧世界の伝統的な醸造技術を用いてケープの個性を表現し、ケープワインの新境地開拓に努めています。メトード・キャップ・クラシックは、南アフリカの瓶内二次発酵のスパークリングワインとして確固たる地位を築きました。その品質基準を確立し、ワイン業界に対して模範を示し続けることは私たちの責務です。 私たちが造るサニャック、オー・ド・ヴィー、レイト・ボトルド・ヴィンテージポートなども、フランスやポルトガルの象徴的なワインスタイルを用いながら、南アフリカらしさをしっかりと表現しています。

ヘリテージ フランスのユグノー達がケープにもたらした風

1688年から1689年の間に、フランスからオランダ経由でケープに亡命してきた約150人のユグノーの中に若きジャン・ロワがいました。 ベルフリフィール(Berg Riverバーク・リバー)沿いの地域がオランダ政府からユグノー達に与えられました。その地域は以前、ド・オリファンツフック(De Olifantshoek)、フレンチ・クオーター(The French Quartier)、ル・コワン・フランセ(Le Coin Francais)、またはラ・プティ・ロシェル(La Petit Rochelle)などと呼ばれていましたが、今日ではフランシュックFranschhoekとして知られています。

ジャン・ロワ ロルマランの誕生

1694年、約51ヘクタールのロルマランの土地をジャン・ロワが所有し、フランス・プロヴァンスの彼の故郷、ルールマランにちなんでロルマランと名付けました。そのワインと穀物専用の農地に、彼は4000本のブドウ樹をすぐに植え足しました。彼の志は反骨精神ではなく、チャレンジ精神でした。これは今も受け継がれている姿勢です。 1714年、初代ケープ州知事シモン・ファン・デル・ステルは、正式にロルマランをジャン・ロワに与えました。

醸造所ロルマランのワイン

設立当時の醸造所は現存し、修復されながら元の状態を維持しています。19世紀、この施設はフランシュック地域の共同醸造所として多くの人に使われていました。家紋が前面に刻印された大桶を所有し、各自ブドウを持ち込み、ワインを造りました。 そして、ワインは一年中この場所に保管され、必要な時に必要な分だけ持ち出しました。家紋を刻印した大桶は今も現存しています。

ルパートの時代 ロルマランの変換期

1833年、ロルマランで造られたブランデーと白ワインは南アフリカの初代チャンピオンに輝きました。アントン・ルパートは1968年にピーター・ガブリエル・マレーとウィレム・ピーター・モーケルからロルマランを購入し、1984年にマナーハウス1811年建設の荘園領主の邸宅とヒストリック・セラー(1799年建設)を修復しました。どちらも国定記念物に認定されています。 1989年、アントンの息子アントニー・ルパートの指揮の下、ロルマランのワインは地元の主なワインコンテストを全制覇しました。

アントニーの遺功 現在のロルマラン

2001年にアントニー・ルパートは惜しまれつつこの世を去り、兄のヨハン・ルパートがロルマランを受け継ぎました。 2004年、ヨハン・ルパートは回転天井と地下貯蔵室を備えた最先端のグラヴィティシステムを導入した醸造所を建築し、弟を偲んでアントニー・ルパート・セラーと名付けました。同年、世界的に高名な醸造家ミシェル・ロランをアントニー・ルパートチームのコンサルタントとして招き、2009年にアントニー・ルパート・ワインの初ヴィンテージがリリースされました。

ロルマランのMCC

メトード・キャップ・クラシック(MCC)はフランスのシャンパーニュと同じ醸造方法を用いて、伝統的なシャンパーニュ品種のシャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエを用いて造られるスパークリングワインです。 品質を安定させるために、ほとんどのMCC は複数の収穫年のベースワインをブレンドしたノン・ヴィンテージです。特に出来の良い年には、最も良いワインを使用してヴィンテージ・キャップ・クラシックが作られます。ハウス・スタイルを打ち出し、味のバランスを調えるために、さまざまなヴィンテージや品種の辛口ベースワインをブレンドし、砂糖と酵母の混合液(リクール・ド・ティラージュ)を加えて瓶詰めし、密封します。瓶内で二次発酵が起こり、炭素ガスが発生してワインに溶け込み、MCC に不可欠な美しい泡が形成されます。瓶内でゆっくりと発酵が進みながら、酵母の自己消化による複雑な風味が醸し出されます。 熟成が完了すると、澱は瓶口に集められ、澱抜きされます(この方法はワインごとに異なります)。次に、 ボトルにワインと砂糖の混合物(リクール・デクスペディシオン)を注ぎ足し、コルクで密封します。砂糖の量もワインごとに異なり、ブリュットはブドウ品種の特徴が活きるように、加える砂糖はごく少量です。