{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ワインブティックヴァンヴァン店主 ソムリエ麦ちゃんこと麦島泰彦(日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ&ワインアドバイザー)

グレネリー・エステート・リザーヴ レッド グレネリー

<

ワインブティックヴァンヴァン本店【会員特別価格商品】

>

シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ ラランドの
元オーナーのメイ・エレーヌ・ドゥ・ランクザン夫人が
南アフリカで手掛けるワイン!

凝縮した濃い果実味が
様々な複雑味を伴い豊かに広がります。

ボリュームがあり力強く、飲み応えありますが
あくまでも洗練された印象のヴィンテージです。
年々グレードアップしていると感じます。

麦ちゃん評価

4.15点

グレネリー Glenelly

ボルドーの名門が南アフリカで手掛けたワイン!

フランス・ボルドー・ポイヤック2級シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドの元オーナー、メイ・エレーヌ・ドゥ・ランクザン夫人が、1988年に南アフリカを訪問 した際に、この地域のワインの品質の高さとポテンシャルを感じ、2003年にグレネリーを購入しました。ワイナリーは、ステレンボッシュ地区シモンズバーグ山脈の南側のスロープ(より 涼しい斜面)に位置しています。2007年には、シャトー・アンジェリュス(フランス・サンテミリオン地区)とラステンバーグ(南アフリカ・ステレンボッシュ地区)の両名門ワイナリーで醸 造経験を積んだ現在の醸造家ルークが加わりました。更に2009年から「南アフリカを代表するスワートランド地区の雄」、バデンホーストのオーナー兼醸造家のアディが、醸造コンサル タントとして加わっています。素晴らしい環境とプロフェッショナルなチームが最新設備を使用しながら赤を中心にクラシックなスタイルのワインを生産しています。

「ポイヤックの貴婦人」と呼ばれる「シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド」

メドック第2級のボルドーワイン。75haの敷地を持ち、ジロンド県のポーイヤック村に位置しており、ポーイヤックのAOCに格付けされています。2007年に世界有数なシャンパン製造会社 ルイ・ロデレールグループ傘下に入っています。

今では「スーパーセカンド(1級並みの品質をもつ2級)」の中でもトップクラスと言われるほど、人気の高いワインとなりましたがこの名声を築いたのは、元オーナーのランクザン夫人 です。1970年代終わりから1980年代初めにかけて、ランクザン夫人のエネルギッシュな舵取りのもとで、その品質が驚くべき高みにまで上りつめたのは疑う余地がありません。ワインは 知的な造り方をされ、暗い色合いで、しなやかで果実味に富み、なめらかで、若いうちから飲むことができ、シャトー・マルゴーやシャトー・パルメとともに、最も有名なメドックのシャトーとしての風格があり、このワインは「ポイヤックの貴婦人」という呼び名のように、まさに女性的に仕上がっています。

 ワインブティックヴァンヴァン

2018年 2月 南アフリカ訪問 メイ・エレーヌ・ドゥ・ランクザン夫人と記念撮影。(左)
整備された素晴らしいブドウ畑です。(右)

グレネリー 訪問記はこちら 2018.2.23

ググレネリー・エステート・リザーヴ レッド

凝縮した濃い果実味が様々な複雑味を伴い豊かに広がり
ボリュームがあり力強く、飲み応えありますが
あくまでも洗練された印象のヴィンテージ
南アフリカワイン|グレネリー・エステートリザーヴ・レッド 2013 赤ワイン フルボディー

クール便は別料金(地域と本数によって異なります)
当店通常販売価格 ¥ 2,319 消費税込 ¥ 2,550
会員特別価格 ¥ 2,287 消費税込 ¥ 2,515
[ 23 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
在庫数 5
ワイン情報
■タイプ 赤 (Red Wine)
■ボディー
■産地 南アフリカ W.O. ステレンボッシュ (South Africa)
■ぶどう品種 シラーズ 40% カベルネ・ソーヴィニヨン 39% プティヴェルド 14% メルロ 7% (Blend)
■生産者 グレネリー
■熟成・醸造 ステンレスタンクで天然発酵後、フレンチオークに移し、マロラクティック発酵を経て18ヶ月熟成
■アルコール度数 14.5%
麦ちゃん ワインブティックヴァンヴァン
テイスティングコメント
2013年ヴィンテージコメント (2020年10月23日試飲)

カシス、ブルベリーなどを思わせる果実香、カラメル香、黒糖、ヴァニラ香、ナッティーな風味、燻し香、木質香、胡椒・ナツメグなどのスパイス香、鉱物を感じるミネラルなどが豊かに香ります。口の中に凝縮した果実味が香りから想像するような様々な複雑味を伴い豊かに広がります。比較的豊かな酸とミネラルに富み、骨太で力強くしっかりした骨格を備えています。タンニンは強く収縮感ありますが、荒々しいところはありません。余韻は長く、果実の旨味と共に、後味に苦味と収斂性がやや強めに現れます。凝縮した濃い果実味が様々な複雑味を伴い豊かに広がり、ボリュームがあり力強く、飲み応えありますが、あくまでも洗練された印象のヴィンテージです。年々グレードアップしていると感じます。

麦ちゃん評価 4.15点
2012年ヴィンテージコメント (2019年11月21日試飲)

カシス、ブラックベリーなどを思わせる果実香、ミルキーな風味、ヴァニラ香、カラメル香、黒糖、ナッティーな風味、燻し香、木質香、大地のイメージ、胡椒などのスパイス香などが複雑に豊か に香ります。口の中に凝縮感のあるよく熟した果実味が樽熟成から由来する複雑味とスパイスの風味を伴って豊かに広がります。比較的豊かな酸とミネラルを感じ、メリハリがあり、骨太でし っかりした骨格を感じます。タンニンは強く収縮感ありますが、あくまでもシルキーで荒々しいところはありません。余韻は長く、後味に果実の旨味と共に心地よい苦味と収斂性が残ります。口 の中に凝縮感のあるよく熟した果実味が樽熟成から由来する複雑味とスパイスの風味を伴って豊かに広がり、骨太で力強く、飲み応えありますが、あくまでもシルキーな1本です。

麦ちゃん評価 4.1点
2011年ヴィンテージコメント (2018年10月4日試飲)

カシス、ブラックベリーなどを思わせる果実香、ミルキーな風味、ヴァニラ香、カラメル香、ナッティーな風味、木質香、燻し香、胡椒などのスパイス香、鉱物を感じるミネラルなどが香ります。口 の中に凝縮感のある程よい樽熟成から由来する風味が広がります。比較的豊かな酸と強いミネラルを感じ、骨太で力強く骨格のしっかりした味わいです。タンニンは強く収縮感がありますが 、荒らしいイメージはありません。余韻は長く、果実の旨味と共に、樽熟成から由来する複雑味が現れ、タンニンから由来する苦味の要素が後味に強めに現れます。凝縮感ある果実味がや や強めに意識する樽熟成から由来する風味を伴って豊かに広がり、膨らみがあり力強く飲み応えあり余韻の長い、ボルドーブレンドの素晴らしいヴィンテージです。

麦ちゃん評価 4.1点
2010年ヴィンテージコメント (2017年10月31日試飲)

カシス、ブラックベリー、干しプラムなどを思わせる果実香、燻し香、木質香、カカオの風味、ナッティーな風味、胡椒・ナツメグなどのスパイス香、腐葉土、大地のイメージ、鉱物を感じるミネラ ル、動物的ニュアンスなどが複雑に豊かに香ります。口の中に香りから想像するような複雑味を伴った凝縮した濃い果実味が広がります。アルコールを強めに感じ、ボリュームがあり、程よい酸 と強いミネラルを感じ、骨太で骨格のしっかりした味わいです。タンニンは強くやや収縮感はあるものの、熟成により丸みを帯び、シルキーで柔らかい印象です。余韻は長く、果実の旨味と共に 様々な複雑味が現れ、僅かに収縮感と収斂性が後味に残ります。豊潤で複雑な香りに包まれ、凝縮感があり力強く骨太でパワフルですが、熟成により丸みを帯びシルキーで、様々な旨味 の要素が徐々に膨らみます。じっくり時間をかけて楽しみたい逸品です。

麦ちゃん評価 4.1点
2009年ヴィンテージコメント (2015年8月21日試飲)

カシス、ブラックベリーなどを思わせる果実香、ミルキーな風味、チョコレートやカカオの風味、ナッティーな風味、燻し香、木質香、埃っぽい要素、大地のイメージなど複雜に豊かに香ります。 口の中に凝縮した濃い果実味が広がります。アルコールを強く感じ、ボリュームがあり、酸は比較的穏やかですので、旨味の要素はより素直に広がるイメージです。タンニンは強く、収縮するも のがありますが、あくまでもシルキーで柔らかい印象です。余韻は長く、果実の旨味と共に、樽熟成から由来する旨味の要素が強く現れます。ボリュームがあり力強さも備え、飲み応えありま すが、樽熟成から由来する旨味の要素を伴った凝縮した果実味が素直に広がるヴィンテージです。

麦ちゃん評価 3.9~3.95点
南アフリカのワインの凄さの要因

穏やかな地中海性気候の下、ブドウ栽培に最適な気候に恵まれた南アフリカ・ケープタウン周辺では、350年も前から伝統的に高品質なワインを造り続けてきました。 歴史的には、カリフォルニアやオーストラリアなどの国々より100年以上も早いのです。
しかし高品質なワインが造られるようになったのは1990年代前半にアパルトヘイトが終わってからとなります。アパルトヘイトが終わり、国際市場の中で自由に貿易ができるようになった南アフリカワインは、約600のワイナリーが存在し、数多くの高品質なワインを生産しています。
最近では国際的なワイン大会で数多くの賞を受賞し、世界中のワイン専門家達にも絶賛されている最も注目されている国の一つです。
また、ブドウ畑の景色の美しさは世界一と言われ、訪れる人を魅了しています。

南アフリカ・ケープタウン周辺では、あまり農薬を使用しなくても良いほど、ブドウ栽培に最適な気候に恵まれています。それは、豊かな太陽の恵みと、強い風が様々な病気や害虫を寄せつけないからです。収穫時期( 2月~3月)には、ほとんど全く雨が降りません。一般的には、防カビ剤を必要な時に散布する程度で、防虫剤や除草剤などを使用しないワイナリーが多いのです。 具体的には、例えば、防虫剤を使用せずに、畑にアヒルやホロホロ鳥を放し飼いにしていたり、化学肥料の代わりに鶏糞や有機肥料を使用しています。また、除草剤の代わりにブドウ畑に麦を植えて雑草が生えないようにしているなど、環境に配慮した栽培を行っています。そして収穫は丁寧に手摘みされています。 また、政府による厳しい環境基準(IPW:環境に優しいワイン生産プログラムのガイドライン)が設けられており(世界でも最も厳しい基準の国の一つで、欧米やオーストラリアなどの国々が見学に訪れています)、減農薬・酸化防止剤微量使用、リサイクルの徹底など、環境的にも人体的にも健康的なワイン造りが行なわれています。
酸化防止剤の使用量の許可基準については、ドイツ( 300mg/L以下)やフランス(350~ 400mg/L以下)などのヨーロッパの国々に比べても使用制限量が一番低く設定されています (南アフリカでは250mg/L以下)。保存料(ソルビン酸)なども使用されていません。
収穫量も大抵のワイナリーは平均5~8トン/ヘクタール前後で生産量を抑えながら、むしろより良質なブドウを栽培することに努めています。このように南アフリカでは、生産者ができる限りの自然な方法で丁寧にブドウを栽培しています。

※麦ちゃん評価とは?