{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ワインブティックヴァンヴァン店主 ソムリエ麦ちゃんこと麦島泰彦(日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ&ワインアドバイザー)

ローリング・メグ ソーヴィニヨン・ブラン マウント・ディフィカルティ・ワインズ

ニュージーランド注目のピノ・ノワール産地セントラル・オタゴの
綺麗で心地よいソーヴィニョン・ブラン

シトラス系のフレッシュな果実味が
素直に広がり、綺麗な酸を感じます。

雑味なく透明感があり
爽やかで心地よい癒し系のソーヴィニョン・ブランです。

麦ちゃん評価

4.0点

マウント・ディフィカルティ・ワインズ Mt Difficulty Wines

ニュージーランド最高峰のピノ・ノワールを生み出す生産者

ニュージーランドのセントラル・オタゴ地区にブティック・ワイナリーとして1998年、バノックバーンにあるブドウ栽培家ら4人によって設立されました。設立の翌年には、ニュージーランド航空・ワイン・アワードでピノ・ノワールがゴールドメダルを獲得し、一躍名を馳せました。英国の評論家マシュー・ジュークスとオーストラリアの評論家タイソン・ステルツァーによる、ニュージーランドのピノ・ノワール生産者の格付け「グレート・ニュージーランド・ピノ・ノワール・クラシフィケーション」では、マウント・ディフィカルティは第1回の格付けから5つ星を獲得し、常にトップに君臨しています。
ワイナリーのあるセントラル・オタゴ地区は、ニュージーランドで唯一の半大陸性気候であり、同地区内のバノックバーンと呼ばれるサブリージョンは、粘土質と砂利が混ざった理想的な土壌であり、ワイナリーの名前でもあるディフィカルティ山によって降雨量は少なく、湿度も低く保たれています。暑い夏、昼夜の大きな寒暖差、長く涼しい秋は、ピノ・ノワールに最適な条件をもたらしています。これらの条件により、セントラル・オタゴ地区の中でも熟した凝縮感のあるスタイルは、世界的な評価を得ています。
マウント・ディフィカルティは、「Sustainable Winegrowing New Zealand(SWNZ)」と呼ばれるサステイナブル認証を受けています。認証の基準よりも高い基準を自社で設け、ワイナリーでは熱や水などの使用をできるだけ抑える試みや、ブドウ畑ではオーガニックへの転換を図っています。使用する殺虫剤や除草剤のほとんどは、オーガニックの認証を受けています。

ワインアップ画像

シトラス系のフレッシュな果実味が素直に広がり
綺麗な酸を感じ、雑味なく透明感があり、爽やかで
心地よい癒し系のソーヴィニョン・ブラン
ニュージーランドワイン|マウント・ディフィカルティ・ワインズ ローリング・メグ ソーヴィニヨン・ブラン 2019
白ワイン 辛口

クール便は別料金(地域と本数によって異なります)
当店通常販売価格 ¥ 2,046 消費税込 ¥ 2,250
[ 20 ポイント進呈 ]
在庫数 4
ワイン情報
■タイプ 白 辛口
■産地 ニュージーランド セントラル・オタゴ(New Zeuland)
■等級 GI セントラル・オタゴ
■ぶどう品種 ソーヴィニヨン・ブラン 87% リースリング 13%
■生産者 マウント・ディフィカルティ・ワインズ
■熟成・醸造 酸素との接触を最小にし、ステンレスタンクにて12度の低温で24日間醗酵 ステンレスタンクにて2ヶ月間熟成
■アルコール度数 13.0%
麦ちゃん ワインブティックヴァンヴァン
テイスティングコメント
2019年ヴィンテージコメント (2020年8月21日試飲)

ピーチ、グレープフルーツ、パッションフルーツなどを思わせる果実香、白い花をイメージするフローラルな香り、ハーブ・青草のヒント、石灰質を感じるミネラルなどが香ります。口の中にシトラス系のフレッシュな果実味がストレートに飛び込んでくる印象です。綺麗な酸を豊かに感じ、爽やかで透明感があり、しっかりした骨格を備えています。余韻は中庸で果実の旨味と共に後味に残る僅かな苦味が心地よく感じられます。シトラス系のフレッシュな果実味が素直に広がり、綺麗な酸を感じ、雑味なく透明感があり、爽やかで心地よい癒し系のソーヴィニョン・ブランです。

麦ちゃん評価 4.0点

※麦ちゃん評価とは?