{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

フランスワイン|シャトー・デ・ゼサール

シャトー デ ゼサール Chateu Des Eyssards

シャトー・デ・ゼサールはスランス・南西地方(シュドウエスト)
ベルジュラックを代表する生産者です。
ボルドー右岸地域に隣接した産地で
ボルドー地方で栽培されているブドウ品種から
赤・白共によりリーズナブル価格で
コスパの高いワインを提供してくれます。

ボルドーブレンドのワインの生産が中心ですが、
カベルネ・フラン100%、マルベック100%、メルロ100%の赤ワインも高品質。
シャルドネ100%の白ワインなど革新的試みに挑戦しています。
良い年だけに生産されるキュヴェ・セメンタルは限定生産、即完売の人気ワインです。

Sud-Ouest シュッド・ウエスト 南西地方

ボルドーの東側からスペインとの国境国境ピレネー山脈の麓に至るかなり広い範囲のワイン産地は、シュッド・ウエストと呼ばれています。日本ではあまりなじみのないワイン産地ですが、その地域ごとの特色を備えた高品質なワインが造られています。ベルジュラック地区は、ボルドーのすぐ東に位置するため、ボルドーで栽培されている蒲萄が主に生産されています。しかも価格は大変リーズナブルなものが多く、注目のワイン産地と言えるでしょう。

コストパフォーマンスの高いワインを信念持って造る生産者

1984年にパスカル・キュセイ氏が2歳年上の兄ローラン、そして両親と共にワイン造りをスタートさせました。現在、46haの葡萄園を所有、赤用が19ha、白用が27haです。土壌は石灰岩と粘土質で、収量を抑え、肥料は100%オーガニックなものを使用しています。パスカル・キュセイ氏はワイン造りについてこう語っています。「私はワイン造りでは絶対に金持ちにならないし、なれない。何故なら、こんなコストパフォーマンスの高いワインをこの地域で誰が造っているのだろうか?それが私の絶対的な自信である。それが出来るのは、私がワインの仕事自体がとても好きだからであり、また職人にはなれるがビジネスマンにはなれないからだ。21世紀はもうテクノロジーの時代ではない。そもそも私のワインはテクノロジーには頼らない。そのためにひたすら葡萄造りに専念する。つまり化学肥料を一切使わないで畑の土にできる限り手をかける。それが私の意味する自然を尊重することに他ならない。私は、ワイン造りの90%が自然の力によるものだと信じている。そして残り10%は理解できない未知の部分を持つ。私にはその10%の未知の世界が面白くて仕方がない。私のワインはどこのコピーでもない。私のワインなのだ。テクノロジーに頼ると品質が画一化してしまう。私は最高の畑を持っているし、自然だけを相手に働くので、各品種が個々の個性を持った良いワインを造り出してくれる」「最高峰の特別なワインをたった1樽だけ造っても、多くの人には知られないし、飲んでもらえないのでは意味がない。だから私は、安くておいしいワインをたくさん造る。」

常にオープンマインドで新しいことに挑戦し続ける
パスカルとフラヴィが父娘で手掛けるこだわりのワイン
パスカルの娘であるフラヴィも父親譲りの性格で「ハードワークが大好き!」というほど。「ガメイに挑戦したい!このエリアで今、栽培している赤は力強い品種ばかりだから、ガメイのようなフルーティな品種で飲みやすいワインを造りたい」、「南アフリカで収穫体験もしてみたいなあ」など、何かに挑戦したいという熱い思いが感じられます。彼女もまた、オープンマインドでワイン造りに挑戦しています。

開催期間 8月14日(日)10:00~8月21日(日)23:59

並び替え
10件中 1-10件表示
並び替え
10件中 1-10件表示