{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ワインブティックヴァンヴァン店主 ソムリエ麦ちゃんこと麦島泰彦(日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ&ワインアドバイザー)

ブーズロン ルイ・ジャド社(ドメーヌ・ガジェ)

ワインブティックヴァンヴァン本店【会員特別価格商品】

長い歴史を誇り、たゆまぬ変革と挑戦を続ける『ルイ・ジャド』
社長直系のガジェ家所有畑の選りすぐりの葡萄
「ドレ(dore)」と呼ばれるアリゴテ種100%使用!

アンズをイメージするフレッシュな果実味
ハチミツを意識する旨味が溶け込みます。

豊かな酸とミネラルに富み、膨らみがあり
骨格のしっかりしたじっくり味わいたいアリゴテです。

麦ちゃん評価

4.05+点

ルイ・ジャド社 (ドメーヌ・ガジェ) Louis Jadot

テロワールを反映した個性豊かなワイン造り

ルイ・ジャド社は1859年に、 由緒あるぶどう栽培家としての歴史を有するジャド家のルイ・アンリ・ドゥニ・ジャドによって創設されました。 l794年からジャド家が所有する シュヴァ リエ・モンラッシェ・レ・ドゥモワゼルの総面積の半分や、1826年に取得したボーヌ・ヴィーニュ・フランシュのプルミエ・クリュで、現在までモノポールであるクロ・デ・ズルシ ュー ルなどブルゴーニュの銘醸格付け畑を次々に取得し、ブルゴーニュ有数の大ドメーヌとなるとともに、優れた品質のワインを提供するネゴシアン・エルブールとしても高い評 価を受けて います。1900年にルイ・ジャン・パプティストが家業を引き継ぐと、コルトン・シャルルマーニュ等の著名な畑を次々に購入し、強力なポートフォリオを構築しました 。その後、ルイ・ オーギュスト・ジャドは、イギリス・アメリカにも市場を拡大し、ルイ・ジャド社の世界的名声を確固としたものにしました。ルイ・オーギュストの死後、マダム・ジャド は、彼の片腕 であったアンドレ・ガジェにルイ・ジャド社の経営を委ねました。 1970年には才能豊かなジャック・ラルディエールが醸造チームに加わり、彼の卓越したワインづ くりの手腕は、ルイ・ ジャド社の名声を更に高めてきました。マダム・ジャドは、1985年に、ルイ・ジャド社の長期的安定を期すため、長年にわたる米国でのパートナーであり 、ルイ・ジャド社の良き理解者 であったコブラント社のオーナー、ルディ・コップに所有権を売却しましたが、経営はその後もアンドレ・ガジェが担当し、1992年に息子のピエー ル・アンリ・ガジェが、その後を引き 継いで社長に就任しました。

ドメーヌ・ガジェ
ルイ・ジャド社がコート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることは特筆すべき点です。それらはその所有形態に応じて、「 ドメーヌ・デ・エリティエ・ルイ・ジャド」、「ドメーヌ・ルイ・ジャド」、「ドメーヌ・ガジェ」、「ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタ」等に分かれ、それぞれワインのラベルに 明記されています。 ルイ・ジャド社長ガジェ家が所有する2.8haの自社畑の中でも、選りすぐりの「ドレ」と呼ばれるアリゴテ種ブドウを使用したワインが「ブーズロン」です。

ルイ・ジャド エチケット
ルイ・ジャドのラベルで販売されるワインは、全てブルゴーニュ地方のAOC格付けのワインで、全てのワインに、同じデザインのラベルが用いられています。 これは、ルイ・ジャド社 が 創設当初から、グラン・クリュからシンプルなAOCブルゴーニュに至るまで、全てのアぺラシオンに対して同等の価値を置き、同等の熱意を持ってワイン造りを行っていること を示してい ます。 縁取りが施されたバッカスの顔と、淡いイエローのラベルは、常に変わらず、一目でルイ・ジャド社のワインであることが分かります。

「ドレ(dore)」とは?
コート・シャロネーズ地区の、最も北側に位置するブーズロン村で栽培されている果皮が薄くて、金色を帯びた“ドレ”と呼ばれるタイプのアリゴテ種です。

ワイン画像アップ

フランスワイン|ブーズロン 2018
ルイ・ジャド(ドメーヌ・ガジェ)
ブルゴーニュワイン 白ワイン 辛口

クール便は別料金(地域と本数によって異なります)
当店通常販売価格 ¥ 2,269 消費税込 ¥ 2,495
会員特別価格 ¥ 2,237 消費税込 ¥ 2,460
[ 23 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
在庫数 5
ワイン情報
■タイプ 白 辛口
■産地 フランス ブルゴーニュ  (Bourgogne)
■等級 AOC ブーズロン
■ぶどう品種 アリゴテ (ドレ) 100%
■生産者 ルイ・ジャド社(ドメーヌ・ガジェ)
■熟成・醸造 ステンレスタンクにて発酵 70%ステンレスタンク、30%フレンチオーク樽にて約11ヶ月間熟成
■アルコール度数 12.5%
麦ちゃん ワインブティックヴァンヴァン
テイスティングコメント
2018年ヴィンテージコメント (2021年5月3日試飲)

アンズ、熟したリンゴなどを思わせる果実香、ハチミツ香、海を感じる潮の風味、石灰質を感じるミネラルなどが香ります。口の中にアンズをイメージするフレッシュな果実味がハチミツを意識する旨味を伴い豊かに広がります。比較的豊かな酸とミネラルに富み、しっかりした骨格を備えています。余韻は長く、果実の旨味と共にアミノ酸を意識する旨味が後味に現れます。アンズをイメージするフレッシュな果実味、ハチミツを意識する旨味が溶け込み、豊かな酸とミネラルに富み、膨らみがあり、骨格のしっかりしたじっくり味わいたいアリゴテです。

麦ちゃん評価 4.05+点
お料理バナー

さばの押し寿司、ホワイトアスパラのオランデーズソース、白身魚のフライ、ささみの天婦羅

2017年ヴィンテージコメント (2021年3月28日試飲)

リンゴ、アンズなどを思わせる果実香、ハチミツ香、燻し香、石灰質を感じるミネラルなどが豊かに広がります。口の中にアンズのジャムをイメージする果実味がハチミツを意識する旨味を伴い豊かに広がります。比較的豊かな酸と程よいミネラルを感じ、メリハリがあり、骨格のしっかりした味わいです。余韻は長く、果実のたっぷりな旨味と共に後味に苦味と収斂性が心地よく残ります。アンズのジャムをイメージする果実味、ハチミツを意識する旨味が豊かに広がり、膨らみがありふくよかで、豊かな酸とミネラルに富み、メリハリがあり、骨格のしっかりした素晴らしいアリゴテ種の逸品です。

麦ちゃん評価 4.1点
2016年ヴィンテージコメント (2020年3月9日試飲)

黄桃、アンズなどを思わせる果実香、ハチミツ香、フリンティーな香り、 石灰質を感じるミネラルなどが香ります。口の中にアンズをイメージするフレッシュな果実味が豊かに広がります。比較的強くハッキリした綺麗な酸とミネラルに富み、メリハリがありしっかりした骨格を感じます。余韻はやや長く、果実の旨味と共に僅かに苦味と収斂性が現れます。強くハッキリした綺麗な酸とミネラルを感じ、アンズをイメージする果実味がストレートに膨らみ、キリッとした辛口で、しっかりした骨格を備えたヴィンテージです。

麦ちゃん評価 3.95+点
2015年ヴィンテージコメント (2018年3月25日試飲)

リンゴ、アンズなどを思わせる果実香、ハチミツ香、燻し香、石灰質を感じるミネラルなどが香ります。口の中に旨味の要素が豊かな果実味が、アミノ酸を意識する旨味と共に膨らみます。比較的豊かでやや塩味を帯びた酸と程よいミネラルを感じ、旨味豊かですがメリハリある味わいです。余韻はやや長く、果実の旨味と共に、アミノ酸を意識する旨味、僅かに酸とミネラルから由来する収斂性が現れます。よく熟した果実の旨味が豊かに広がり、ミネラルに富み、やや塩味を帯びた酸が特徴的な、膨らみがありアミノ酸を意識する旨味が次第に現れるイメージのふくよかなアリゴテ種の1本です。

麦ちゃん評価 4.0点
2012年ヴィンテージコメント (2015年4月17日試飲)

熟したリンゴやアンズなどを思わせる果実の香りが主体です。蜂蜜香、白い花、燻し香、石灰質を感じるミネラル香などが加わります。口の中に、アンズのジャムを食べているイメージのよく熟した果実味が広がります。比較的強く綺麗な酸を感じ、ミネラル感に富み、しっかりした骨格を備えています。次第にアミノ酸をイメージする旨味の要素が現れ、非常に膨らみのある味わいです。余韻は長く、たっぷりな果実の旨味と共に、酸とミネラルから由来する収斂性と僅かに苦味の要素が現れます。アンズのジャムを食べているイメージのよく熟した果実味、比較的強く綺麗な酸そして豊かなミネラルが特徴的。旨味豊かで余韻が長く、しかも骨格のしっかりした極上のアリゴテと言えるでしょう。

麦ちゃん評価 4.1点

※麦ちゃん評価とは?