{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

370 レグアス ドウロ レゼルヴァ パラス・ワインズ Parras Wines

370 レグアス ドウロ レゼルヴァ

ポルトガル屈指の巨大カンパニーによるコスパに優れた赤ワイン
銘醸地ドウロの土着品種のブレンドによる飲み応えある1本!

カシスやブルーベリーをイメージする凝縮感ある果実味
強めに溶け込むスパイスの風味、比較的強くハッキリした酸を感じます。

力強く骨格のしっかりしたお買い得なポルトガルワインです。

麦ちゃん評価

3.85+点

ワイン情報
■タイプ
■ボディー
■産地 ポルトガル ドゥリエンセ (Portugal)
■等級 ドウロD.O.C.
■ぶどう品種 トウリガ・フランカ35% ティンタ・ロリス35% トウリガ・ナシオナル30%
■生産者 パラス・ワインズ
■熟成・醸造 ステンレスタンクにてマロラクティック醗酵 オーク樽熟成6ヶ月(フレンチオーク、225L、新樽無)
■アルコール度数 13.5%
麦ちゃん ワインブティックヴァンヴァン
テイスティングコメント
2019年ヴィンテージコメント (2023年9月17日試飲)

カシス、ブルーベリーなどを思わせる果実香、カラメル香、黒糖、シナモン・ナツメグなどのスパイス香、燻し香、鉱物を感じるミネラルなどが香ります。口の中に凝縮した濃い果実味がスパイスの風味を強めに伴い豊かに広がります。比較的豊かでハッキリした酸とミネラルに富み、メリハリある味わいです。タンニンは強めで収縮感ありますが荒々しいところはありません。余韻は長く、果実の旨味と共に後味に苦味と収斂性が残ります。カシスやブルーベリーをイメージする凝縮感ある果実味、強めに溶け込むスパイスの風味、比較的強くハッキリした酸、力強く骨格のしっかりしたお買い得なポルトガルワインです。

麦ちゃん評価 3.85+点
お料理バナー

照り焼きチキン、スパイシーチキン、味付けジンギスカン、青椒肉絲

※麦ちゃん評価とは?

ワインブティックヴァンヴァン本店【会員特別価格商品】

ポルトガルワイン|370 レグアス ドウロ レゼルヴァ 2019 パラス・ワインズ
赤ワイン フルボディー

当店通常販売価格 ¥ 1,355 税込
会員特別価格 ¥ 1,335 税込
  • ポルトガルワイン
  • 赤ワイン・フルボディー
  • 麦ちゃん評価3.85+点
クール便は別料金(地域と本数によって異なります)
[ 12 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
配送方法を選択下さい(◆クール代金は注文確認時に弊店で加算致します。◆本数・地域によって異なります。◆送料無料商品もクール便を選択の場合はクール代金を加算致します。)※通常便お届けで液漏れが発生した場合、返品・交換はお受けできません。
在庫数 1
生産者情報

パラス・ワインズ Parras Wines

カンパニー・オブ・ザ・イヤー受賞ワイナリー!ポルトガル全土からコスパに溢れたワインを生み出す造り手

パラス・ワインズは2010年に現オーナーのルイス・ヴィエイラ氏によって設立されました。前身はルイスによって1998年に設立されたバルクワイン会社ですが、現在はポルトガル指折りの規模を誇るワイナリーとして、アルコバサに本社とボトリング施設を置き、リスボンとアレンテージョに保有する自社畑に加え、ドウロ、ヴィーニョ・ヴェルデ、ダオン、テージョの契約畑から、品質対価格に優れたワインを生み出しています。今ではポルトガルワイン業界で上位10社に数えられる規模の企業にまで成長し、「ポルトガル各地の特色を表現したワイン」を消費者へ届けることをコンセプトに日々活動しています。2020年にはポルトガルのワイン評価誌「Revista de Vinhos」にて、カンパニー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、国内外で高い評価を受けているワイナリーです。

パラス・ワインズは、ルイス・ヴィエイラ氏のワインへの情熱から生まれました。彼の祖父と父は1945年以来ずっとワインの世界に携わっており、ルイスは幼い頃からその仕事ぶりを間近で見てきました。5歳の時には、ワインのタンクに落ちて危うく溺れそうになったところを祖父に助けられたといい、今でも彼はこのエピソードを思い出しては、「あの出来事はワインの迷宮へ迷い込む洗礼のようなものだった」と冗談を言います。

サステナブルな取り組み

ワイナリーでは、ワインの品質を確保しながら、ブドウ畑と生態系のバランスが取れた多様で持続可能な環境を作り出すため、サステナブルな取り組みにも力を入れています。例えば、ブドウ畑の緑化を進めることで土壌侵食を抑え、土壌の質の改善に繋げています。畝の間に雑草や、収穫時に出た葉、種、茎などをそのまま畑に残しておくことで、それらが分解され、土壌の有機物含有量や肥沃度が飛躍的に改善します。他にも、パラス・ワインズでは生物多様性や持続可能な環境づくりの観点から、自然保護地域に固有の動物のためのシェルターを設置するなど一年を通して様々な活動を行い、学校や専門機関からの視察訪問も受け入れています。パラス・ワインズのブドウ畑はサステナブル認証を取得しており、ワインの生産において農薬製品と化学肥料の使用を最小限に抑えていることを証明しています。

パラス・ワインズのワインメーカーと彼が率いるチームは、ブドウの休眠期から収穫期までのブドウ栽培の全てのサイクルにおいて、一年中契約農家と非常に細やかにコミュニケーションを取っています。こうすることで、より高品質なブドウを毎年安定して得ることができるのです。