{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ワインブティックヴァンヴァン店主 ソムリエ麦ちゃんこと麦島泰彦(日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ&ワインアドバイザー)





スパイスルート ムールヴェードル
スパイス・ルート・ワイナリー
ムールヴェードル100%で造られる南アの赤ワイン!
スパイシーな風味を強く感じ、適度に凝縮した果実味が膨らみ、力強く骨太です。
シルキーで柔らかく余韻の長い、バランス良くまとまったヴィンテージと言えます。

麦ちゃん評価:4.0点


スパイス・ルート・ワイナリー Spice Route Winery 

フェアヴューのオーナーチャールズ・バック氏が1997年に設立した比較的新しいワイナリーです。彼は相続したステレンボッシュの畑には無いワインを生み出すため新たなるチャレンジに挑んだのです。地中海性気候を表現する豊かなワインを目指して、新たにケープ西部の新興ワイン産地のスワートランドのマームズベリに140haの農園を購入しました。栽培するブドウ品種は区画により厳選し、乾燥した気候の下で灌漑を行うことなく極限まで収量を落とし高い品質を求めました。そして、これまでケープには無い、複雑で風味豊かなローヌ品種の栽培に成功したのです。栽培する葡萄は、シラーズ、ムールヴェードル、グルナッシュ、バルベーラ、タナ、サンジョヴェーゼ、ジンファンデル、テンプラニーリョ、カリニャン、ヴィオニエ、ピノタージュ、メルロ、シュナン・ブランなど多岐にわたります。醸造設備は、ステレンボッシュに彼が持つ大規模なものとは異なり、小さな施設で目の行き届く環境で少量生産にこだわったプレミアムワインを生み出しています。

チーフ醸造家のシャール・ドゥ・プシ氏はエルセンバーグ農業大学の葡萄栽培・ワイン醸造工業学科卒業後、1992年よりパールの名門ボーランド・セラーでアシスタント醸造家、チーフ醸造家を経て、ブルゴーニュなどでも経験を積み、1997年よりスパイス・ルートのチーフ醸造家に就任しています。オーナーのチャールズ氏は彼についてこう語ります。「ワインへの強い情熱を持つ者、信じられないほどきめ細やかに細部まで注意をはらう者。才能ある醸造家というものは大抵どちらかは持っているが、両方を持ち合わせているものは稀だ。」この信頼関係があってこそ素晴らしいワインが誕生するのです。



2017年 3月南アフリカ訪問 チャールズ・バックご夫妻と記念撮影(左)
2017年 3月南アフリカ訪問 スパイスルートの醸造家シャール・ドゥ・プシ氏と記念撮影(右)

商品画像

スパイシーな風味を強く感じ、適度に凝縮した果実味が膨らみ
力強く骨太ですが、シルキーで柔らかく余韻の長い
バランス良くまとまったヴィンテージ
【南アフリカワイン】【赤ワイン】
スパイス・ルート・ムールヴェードル 2014
[フルボディー]

クール便は別料金(地域と本数によって異なります)
当店通常販売価格 ¥ 2,033 消費税込 ¥ 2,236
[ 20 ポイント進呈 ]
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
麦ちゃんイラスト
麦ちゃんイラスト
■タイプ 赤 (Red Wine)
■ボディ
■産地 南アフリカ  コースタル・リジョン W.O.スワートランド (South Africa)
■ぶどう品種 ムールヴェードル 100% (Other)
■生産者 スパイス・ルート・ワイナリー
■熟成・醸造 開放式コンクリート・タンク醗酵 フレンチ&アメリカンオーク樽 14ヶ月熟成(新樽比率8%)
■アルコール度数 14.5%

麦ちゃんバナー

2014年ヴィンテージコメント (2017年7月10日試飲)

プラムのジャム、干しプラムなどを思わせる果実香、ミルキーな風味、燻し香、カラメル香、黒糖、シナモン・ナツメグなどのスパイス香、鉱物を感じるミネラル、僅かに植物の茎をイメージする青味の要素などが香ります。口の中に程よく凝縮したスパイシーな風味を強めに伴った果実の旨みが意外にスムーズに広がります。アルコールをやや強めに感じ膨らみがあり、程よい酸とミネラルに富み、骨格のしっかりした味わいです。タンニンは強めですが、荒らしいところはなく、あくまでもシルキーです。余韻は長く、後味にもスパイスの風味が長く残る印象です。スパイシーな風味を強く感じ、適度に凝縮した果実味が膨らみ、力強く骨太ですが、シルキーで柔らかく余韻の長い、バランス良くまとまったヴィンテージと言えます。

麦ちゃん評価 4.0点  ※麦ちゃん評価とは?

2007年ヴィンテージコメント

樽熟成から由来する木質香、燻し香を強く感じます。熟したブルーベリー、干しプラムなどを思わせる果実香、胡椒・シナモンなどのスパイス香など複雑で豊かな香りが広がります。口の中に比較的豊かな酸味と濃縮した果実味が現われ、次第に強めなタンニンを感じます。強めなタンニンですが、尖った印象はなく、あくまでもシルキーです。骨格がしっかりしたメリハリある味わいで、ボディー豊かで、余韻も長く飲み応えあるワインです。後味に酸味を伴った果実の旨みと、強い樽の風味が残ります。樽の風味のよく利いた各要素が高いレベルで主張し合うようなメリハリある味わいのリッチな赤ワインです。




南アフリカのワインの凄さの要因

穏やかな地中海性気候の下、ブドウ栽培に最適な気候に恵まれた南アフリカ・ケープタウン周辺では、350年も前から伝統的に高品質なワインを造り続けてきました。
歴史的には、カリフォルニアやオーストラリアなどの国々より100年以上も早いのです。
しかし高品質なワインが造られるようになったのは1990年代前半にアパルトヘイトが終わってからとなります。アパルトヘイトが終わり、国際市場の中で自由に貿易ができるようになった南アフリカワインは、約600のワイナリーが存在し、数多くの高品質なワインを生産しています。
最近では国際的なワイン大会で数多くの賞を受賞し、世界中のワイン専門家達にも絶賛されている最も注目されている国の一つです。
また、ブドウ畑の景色の美しさは世界一と言われ、訪れる人を魅了しています。

南アフリカ・ケープタウン周辺では、あまり農薬を使用しなくても良いほど、ブドウ栽培に最適な気候に恵まれています。それは、豊かな太陽の恵みと、強い風が様々な病気や害虫を寄せつけないからです。収穫時期( 2月~3月)には、ほとんど全く雨が降りません。一般的には、防カビ剤を必要な時に散布する程度で、防虫剤や除草剤などを使用しないワイナリーが多いのです。
具体的には、例えば、防虫剤を使用せずに、畑にアヒルやホロホロ鳥を放し飼いにしていたり、化学肥料の代わりに鶏糞や有機肥料を使用しています。また、除草剤の代わりにブドウ畑に麦を植えて雑草が生えないようにしているなど、環境に配慮した栽培を行っています。そして収穫は丁寧に手摘みされています。
また、政府による厳しい環境基準(IPW:環境に優しいワイン生産プログラムのガイドライン)が設けられており(世界でも最も厳しい基準の国の一つで、欧米やオーストラリアなどの国々が見学に訪れています)、減農薬・酸化防止剤微量使用、リサイクルの徹底など、環境的にも人体的にも健康的なワイン造りが行なわれています。
酸化防止剤の使用量の許可基準については、ドイツ( 300mg/L以下)やフランス(350~ 400mg/L以下)などのヨーロッパの国々に比べても使用制限量が一番低く設定されています (南アフリカでは250mg/L以下)。保存料(ソルビン酸)なども使用されていません。
収穫量も大抵のワイナリーは平均5~8トン/ヘクタール前後で生産量を抑えながら、むしろより良質なブドウを栽培することに努めています。このように南アフリカでは、生産者ができる限りの自然な方法で丁寧にブドウを栽培しています。