{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ワインブティックヴァンヴァン店主 ソムリエ麦ちゃんこと麦島泰彦(日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ&ワインアドバイザー)





エッセイ レッド
マン・ファミリー・ワインズ
当店南ア部門で人気の
マン・ファミリーワインズの驚愕のデイリーワイン
ミディアムボディーでバランス良く、適度な余韻があり
後味にスパイシーな風味と果実の旨みが残ります。
フランスのローヌ地方のワインを思わせる風味が特徴です。

マン・ファミリー・ワインズ MAN Family Wines

マイバーグ兄弟とホセ・コンデ氏が協力して立ち上げた新興ワイナリー
マン・ヴィントナーズの前身は5世代に渡るケープで最も古い家族経営のワイナリーの一つで、1947年に一旦ワインの生産を止めブドウを協同組合に販売するようになるまでは、100年余 に渡りワイン造りをしてきました。
世代は変わり1998年、長男のフィリップ・マイバーグ氏は大学で法律を、次男のティレル・マイバーグ氏は哲学と法学を勉強していましたが、もう一度自分達のワイナリーに戻ってワイ ン造りをするという夢を捨てきれず、とうとうワイン造りに全ての情熱を捧げる決心をしたのです。
そして、2001年彼らに賛同し、同じくワイン造りに熱いパッションを抱く友人の醸造家ホセ・コンデ氏と共に新たなワイナリーを立ち上げました。自分たちが買いたいと思うようなワイ ン。コスパを追求した、そして外観のよさをコンセプトにワインは造られます。ワイナリーの名前「MAN」の由来は彼らの妻の名前、Marie(マリエ),Anette(アネッタ),そしてNick( ニック)の頭文字です。
そして今や、モダンなスタイルのヴァラエタルに特化したワインが評価され、生産量17万ケース、輸出国は25カ国と急速に発展を遂げているワイナリーとなりました。弟のティレル氏と ホセ氏は2人ともワイン醸造家で、それぞれ自分のブティックワイナリーを持っています。マン・ヴィントナーズ自体は大規模ワイナリーとなりましたが、それぞれのブティックワイナリ ーでの経験を生かし、新しいコンセプトを取り入れるなどしてさらに成長を続けています。


2017年 3月南アフリカ訪問
スターク・コンデ・ワインズのスターク・コンデ氏と記念撮影(左)
ジューステンベルグのオーナーのマイバーグ兄弟の弟のディレル氏と醸造家の方と記念撮影(右)


商品画像

南アフリカ スーパーデイリーワイン
熟した果実味と適度なボディー、スパーシーな風味
フランスのローヌワインを思わせる風味が特徴
【南アフリカワイン】【赤ワイン】
エッセイ レッド マン・ファミリー・ワインズ
[ミディアムボディー]

クール便は別料金(地域と本数によって異なります)
当店通常販売価格 ¥ 832 消費税込 ¥ 915
[ 8 ポイント進呈 ]
在庫数 14
麦ちゃんイラスト
麦ちゃんイラスト
■タイプ 赤 (Red Wine)
■ボディー 中庸
■産地 南アフリカ  W.O.ウエスタン・ケープ (South Africa)
■ぶどう品種 シラー81%  サンソー10.5% ムールヴェードル6.5% ヴィオニエ2% (Syrah) シラーはウスター地区、サンソーとヴィオニエはパール地区のものを使用
■生産者 マン・ファミリー・ワインズ
■アルコール度数 14.0%

麦ちゃんバナー

麦ちゃんテイスティングコメント

干しプラム、ブラックベリーなどの比較的濃い色合いの果実の香り、燻し香、カカオの風味、シナモンなどのスパイス香、埃っぽい要素などを感じます。口の中に熟したイメージの優しい果実味が広がります。酸味は適度で、タンニンは比較的穏やかですが適度なものを感じます。ミディアムボディーでバランス良く、適度な余韻があり、後味にスパイシーな風味と果実の旨みが残ります。フランスのローヌ地方のワインを思わせる風味が特徴です。