マンデリン G-1 内容量 200g

深い苦味に加え、トロピカル系の熟した果実
スパイス、ハーブが混在した複雑な香りをあわせもっています。

インドネシア・アチェ地区で生産されたコーヒー。



マンデリンの生産地と名前の由来

マンデリンはインドネシアのスマトラ島で栽培されるアラビカ種のコーヒー豆の銘柄です。 コーヒー豆の生産大国であるインドネシアを代表するコーヒー豆で、コーヒー豆の栽培を進めたスマトラ島のマンデリン族からその名がつけられました。

最高級のマンデリンは「G1」
インドネシアではグレード1から5までの5段階に格付けされており、グレードの格付けは欠点豆の数量が0から3個の場合は最上級グレードのグレード1に格付けされます。つまり、グレード1は最高級品となります。



カフェヴェレゾンの自家焙煎
お客様に美味しいコーヒーをお届けするには。

ワインとコーヒーは、産地、製造、香りなどの表現方法がよく似ています。ワインは、抜栓した時から美味しい時を経て酸化が始まるように、コーヒーは、焙煎した時から美味しい時を経て酸化が始まります。 そして焙煎をした豆を挽く事によりさらに酸化が進みます。挽いた豆は時間が経つと共に香りが立ちづらくなってしまいます。
やはり【コーヒーは鮮度が命】と言えるでしょう。
当店では、お客様に少しでも新鮮なコーヒーをお届けする為、焙煎してから1ヶ月以内に飲んで頂けるように心がけて販売しております。コーヒー豆の特徴を最大限に活かして、お客様に美味しい時間をお届けしたいと思っています。

コーヒー4種画像

コーヒー袋画像

マンデリンコーヒーは、酸味が少なく、苦味成分が強いことが特徴
単一で飲まれるほか、ブレンドコーヒーにも適しており
日本ではカフェオレなどに使用されてことが多いです
マンデリン G-1 200g
【自家焙煎珈琲】【インドネシア】[深煎り][コーヒー豆]

当店通常販売価格 ¥ 1,278 消費税込 ¥ 1,380
[ 13 ポイント進呈 ]
在庫数 7
コーヒー情報
■香り ★★★★☆        
■コク ★★★★★        
■甘み ★★★☆☆        
■苦味 ★★★★★        
■酸味 ★☆☆☆☆        
コーヒーバナー
自家焙煎コーヒー。煎りたて、挽きたて、淹れたての新鮮なコーヒー。

「コーヒーは鮮度が命」の信念の基、当店のシェフ&ソムリエが日本に数台しか無い焙煎機を使い
コーヒーを自家焙煎いたします。
煎りたて、挽きたて、淹れたての新鮮なコーヒーを是非味わって下さい。