{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ワインブティックヴァンヴァン店主 ソムリエ麦ちゃんこと麦島泰彦(日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ&ワインアドバイザー)

ロルフ・ビンダー イーデン・ヴァレー
リースリング ロルフ・ビンダー

ワインブティックヴァンヴァン本店【会員特別価格商品】

1955年創業、銘醸地バロッサ・ヴァレーの家族経営ワイナリー
白ワインで評価の高いイーデン・ヴァレー産のブドウによる
透明感ある爽やかで綺麗なリースリング!

青りんごをイメージするフレッシュな果実味
ハチミツの旨味と心地よいオイリー感があります。

ハッキリした綺麗なを感じ
透明感があり爽やかな心地よいリースリングです。

麦ちゃん評価

4.05点

ロルフ・ビンダー ROLF BINDER

戦後大量移民時代の1950年、ロルフ・ハインリッヒ・ビンダーはオーストリアから、妻のフランズィスカはハンガリーからオーストラリアに移民。政府の援助のもと、南オーストラリア鉄道で3年間働いていました。このとき彼らは、ブドウ栽培家でもあった機関士のエルモア・シュルツに出会い、バロッサ・ヴァレーのブドウ畑で働くようになります。1953年、ラングメイルロードのワイン醸造家のクリス・ヴォーラー、ウィルヘルム・アベルの2人と出会い、1955年に彼らからワイナリーを買取り、ラテン語のIN VINO VERITAS(真実はワインに宿る)から引用したヴェリタス・ワイナリーとして創業しました。

1955年にヴェリタス・ワイナリーとして創業以来、シラーと樹齢100年のマタロのブレンドである『ブルズ・ブラッド』の他に、主にフォーティファイドワインを生産していました。2003年に創業者である初代ロルフ・ビンダーが亡くなったことから、2005年に創業者に敬意を表しヴェリタスからロルフ・ビンダーに社名を変更し現在に至ります。時が経ち、2代目ロルフ・ビンダーとその姉クリスタ・ディーンズによってロルフ・ビンダー・ブランドを冠し、バロッサの最高品質のブドウだけを用いて特別なワイン造りをしています。

1960、70年代は、シラーズ、マタロ、グルナッシュなどの古木によるワイン醸造によってバロッサ・ヴァレーは栄えました。ヴェリタス・ワイナリーにバロッサの零細ワイナリーも追随し、1980年代には古木のブドウによる素晴らしいブレンド赤ワインが多数リリースされるに至りました。白ワインではバロッサの隣のイーデン・ヴァレー産のものが高級白ワインの品種として認識されており、醸造家のクリスタはこの種の醸造の第一線で尊敬の的となっています。

ワインアップ画像

オーストラリアワイン|ロルフ・ビンダー
イーデン・ヴァレー リースリング 2019
白ワイン 辛口

  • オーストラリアワイン
  • 白ワイン辛口
  • 麦ちゃん評価4.05点
クール便は別料金(地域と本数によって異なります)
当店通常販売価格 ¥ 1,928 消費税込 ¥ 2,120
会員特別価格 ¥ 1,900 消費税込 ¥ 2,090
[ 19 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
在庫数 4
ワイン情報
■タイプ 白 辛口
■産地 南オーストラリア イーデン・ヴァレー(Australia)
■ぶどう品種 リースリング 100%
■生産者 ロルフ・ビンダー
■熟成・醸造 フリーラン果汁と圧搾果汁の割合はリースリング醸造の豊富な経験を持つ醸造家のクリスタが決める ラタフィアの様なスタイルのワインは搾汁とフリーラン果汁の両方を用いてワイン造りが行われる 果汁は3日間低温管理された後に醗酵タンクに移される ボトリングは6月中旬に行われる
■アルコール度数 12.5%
麦ちゃん ワインブティックヴァンヴァン
テイスティングコメント
2019年ヴィンテージのコメント (2021年6月24日試飲)

青りんご、ピーチーなどを思わせる果実香、ハチミツ香、白い花をイメージするフローラルな香り、強めに感じるオイリーな風味、石灰質を感じるミネラルなどが香ります。口の中にフレッシュなリンゴをイメージする果実味がハチミツの旨味と心地良いオイリーな風味を伴い豊かに広がります。比較的豊かで綺麗な酸とミネラルに富み、爽やかで透明感があり、メリハリある味わいです。余韻は中庸で優しい果実の旨味と共に僅かですが残糖感が残ります。青りんごをイメージするフレッシュな果実味、ハチミツの旨味と心地よいオイリー感、ハッキリした綺麗なを感じ、透明感があり爽やかな心地よいリースリングです。

麦ちゃん評価 4.05点
お料理バナー

アルザス風シュークルート、アスパラガスのベーコン巻き、クリームコロッケ、真鯛のカルパッチョ

2016年ヴィンテージのコメント (2017年6月24日試飲)

青リンゴ、ピーチ、アンズなどを思わせる果実香、ハチミツ香、シロップ香、白い花を意識するフローラルな香り、強めに感じるオイリーな風味、僅かに青草のイメージ、石灰質を感じるミネラルなどが香ります。口の中にフレッシュで旨味の要素が濃い果実味が豊かに広がります。比較的強くハッキリした酸とミネラルに富み、透明感ある綺麗な味わいですが、メリハリがあり、しっかりした骨格を備えています。余韻は長く、果実の旨味と共に、僅かに苦味と収斂性が残ります。リースリングらしいオイリーな風味が顕著に現れ、フレッシュですが、旨味の要素が濃い果実味が豊かに広がり、透明感があり綺麗な味わいで、しかもしっかりした骨格も備えた1本です。

麦ちゃん評価 4.05+点

※麦ちゃん評価とは?